パソコン・スマホ

スマホ画像のバックアップ方法は?詳しい保存方法

スマホ画像のバックアップ方法は?詳しい保存方法

スマホの普及と共に1億総カメラマン的な世の中になったような気がします。
デジカメ並みの機能を持つスマホによって写真も動画も思いのままです。

しかし、「容量オーバー」「データを消した」「水没」と最悪の事態に備える意味でもバックアップ(保存)方法を知っておくことは重要です。

ここでは、バックアップ(保存)方法を学び、いざという時に慌てないために「備えあれば憂いなし」を実践しましょう!

パソコンに保存する方法

パソコンに保存する方法

スマホの画像をバックアップ・保存する方法では一般的なのがパソコンに保存する方法で、USBケーブルでパソコンにスマホを接続して転送します。

iPhoneでは、USBケーブル接続後にアクセス許可「続け」をタップスマホもコンピュータの信頼をタップ、スマホのパスワードを入力してロックを解除、パソコンからスマホ内にアクセスができたらフォルダ内の写真をパソコン内のフォルダにコピーして保存します。

Androidでは、USBケーブル接続後にパソコン画面に「選択して、このデバイスに対して行う操作を選んでください。」をクリック、次に「デバイスを開いてファイルを表示する」をクリック、スマホで「この端末をUSBで充電」タップし、「その他のオプションを表示します。」をタップして次に「ファイルを転送」をタップ、パソコンの「内部共有ストレージ」をダブルクリック「DCIM」フォルダをダブルクリックして開き写真を選択してパソコンのフォルダ内にコピーして保存します。

USB、SDカード、DVDに保存する方法

USB、SDカード、DVDに保存する方法

スマホがSDカードに対応していれば直接SDカードに転送ができ、スマホに直接に接続できるUSBもあります

SDカードでは、スマホのアプリ一覧から「設定」をタップして「ストレージ」をタップ、「SDカードへデータ転送」をタップ、転送市阿項目をチェックして「転送」をタップして完了です。

パソコンに保存した画像は、USB、SDカード、DVDにコピーして保存します

アプリでクラウドサービス(Googleフォト)に保存する方法

アプリでクラウドサービス(Googleフォト)に保存する方法

画像をインターネット上に保存(バックアップ)してスマホからは削除する方法で、パソコンやメモリーカードが必要なく空き容量を確保するメリットがあります

Googleフォトを使う時には、バックアップする写真のサイズを設定できますが「高画質」を選択すると容量は無制限で無料なのだが自動的に縮小されて保存されてしまう、「元のサイズ」は縮小せずに保存できるが容量に制限があり容量を増やすのは有料になります。

Googleフォトの設定方法は、アプリ一覧から「フォト(Googleフォト)」をタップして起動して画面左上「三」をタップして「設定」をタップ、「バックアップと同期」をオンにしてアップロードサイズで「高画質」か「元のサイズ」を選択します。

Googleフォトで画像のバックアップを終えたらスマホから画像を削除して内蔵メモリーの容量を増やすために検索ボックスの「三」をタップして「空き容量を増やす」をタップ、バックアップ済みの画像を選択して「削除」をタップして完了です。

クラウドの写真サービスには、Amazonの「プライムフォト」(有料)などもあります。

おわりに

スマホの容量って思っている以上に早く一杯になりませんか?気をつけていてもつい削除をタップしてしまいます。

まさかの水没などにより大切な想い出を失くさないために「パソコンに保存する方法」「メモリーカードに保存する方法」「クラウドサービスに保存する方法」について紹介しましたがいかかですか?

紹介した以外にも、パソコンを経由して外付けHDDに保存するとかLINEのアルバムに保存する方法もあります

LINEのアルバムは、1アルバム1000枚まで保存が可能で1トークあたり10万枚の写真を保存が可能、しかし、画質が1280ピクセル以下に低下するデメリットもあります。

容量オーバーになる前に是非実践してみてはかがですか?案外簡単な操作でしかもあっという間に済みますよ!