趣味

一眼レフとミラーレスの違いとは?それぞれの特徴や使い方について!

一眼レフとミラーレスの違いとは?それぞれの特徴や使い方について!

カメラは思い出や、その場所、風景人などを映し出し、保管できるもので、誰もが一度は撮ったことや撮ってもらったことがあると思います。子供のころは特に両親がアルバムに保管して思い出を残していますね。

写り・性能が良いのは一眼レフとはよく聞きますが、実は中身までしっかり知らない方も多いと思います。

今回は、一眼レフとミラーレスの違いそれぞれの使い方についてご紹介していこうと思います。

一眼レフとミラーレスの違い

一眼レフとミラーレスは、もちろん大きさや重さの違いが目に見えてありますが、実はそれ以前に、構造が大きく違うのです。

一番大きく違うところは、一眼レフを使用しているカメラというのは、ミラーで反射をさせて、その光を映し出し、シャッターを切った瞬間だけミラーが開いて記録されるのです。

ミラーレスは名前通り、ミラーがありません。画像のセンサーで光を電気信号に変えて、液晶のモニターで再現しているのです。ミラーがない分、小型軽量化がしやすく、余計な部分の無いカメラです。



一眼レフの特徴

一眼レフは、プロの方が使用され、一般的にも認識の高いものになります。

更に、長年研究、販売してきた実績とその素晴らしい技術を各メーカーさんに、いろんなモデルで開発してくれています。特によく耳にする、キャノン、ニコンの2大メーカーさんは、一眼レフ絶対的な自信を持っていて、様々なものに合わせたモデルを販売しています。

そして何より、高画質で機能性が高く、高機能を兼ね備えています。ですが、最新技術や画質などが最優先なので、カメラの本体は大きくて重たいものとなってしまいます。更に、最新技術によるものなので、費用も掛かってしまうため、高価になってしまう傾向です。ミラーレスのカメラよりは圧倒的に値段が高くなってしまいます。

ミラーレスの特徴

ミラーレスの特徴

ミラーレスは、カメラ初心者の方や、コンパクトに持ち運びをしたい方などに支持のあるカメラとなります。ミラーレスのカメラは、小型で軽く、コンパクトな性能に優れているカメラと言っても過言ではありません。

また、メーカーさんも、初心者向けという認識があるそうです。ですから、機能なども簡単に操作ができるように色々な工夫がなされています。スマートフォンのような感覚で操作ができるカメラなども登場していて、とても簡単に使いこなせるようになっています。

ミラーレスカメラは、最近浸透してきたためか、種類が少なく選択肢が狭くなってしまいます。特に、望遠レンズが少なくて、スポーツや乗り物などの、遠くを写すのには不向きです。

そして、小型で軽量化が特徴的なため、電池の容量も少なく、バッテリーがすぐなくなってしまうのも欠点ですが、予備バッテリーを持っていれば問題はありませんね。旅行などで使う時は必ず予備バッテリーは持っておいた方がいいと思いますよ。

<スポンサーリンク>

おわりに

一眼レフと、ミラーレスの違いは、使う人や使う用途によって変わってきますね。どちらもいいカメラで、使う方のニーズにより近づけようと努力されています。

ちょっと撮影したい時などにはミラーレスがっつり本格的に、遠くを撮影したい時などは一眼レフといったように使い分けてみてはいかがでしょうか?

旅行などにもっていくときは、少しでも荷物が少なく小さいほうが良いと感じる人もいますもんね。皆さんがお持ちのカメラはどちらのカメラですか?

両方メリットデメリットありますが、大きく違うのは大きさと重さとレンズがあるかないかです。画素数はさほど違いはないようです。