パソコン・スマホ

スマホ画像の各種バックアップ方法とオススメの保存先

スマホ画像の各種バックアップ方法とオススメの保存先

スマホで撮った写真や動画が増えてくると、いつのまにか内部ストレージの空きが少なくなっていることがありますよね。そうなると動作が重くなったり、不具合が頻発したり…。

スマホの不具合で大切な画像が消えてしったり、スマホが破損して使えなくなってしまう場合に備えて、画像をバックアップしておくと安心です

バックアップ方法

バックアップ方法

スマホの写真や動画などの画像ファイルをバックアップする方法としては、パソコンに保存、USBメモリに保存、クラウド保存などがあります。

1.パソコンに保存する

スマホ画像をパソコンに保存するために、USBケーブルでパソコンとスマホを接続します。

スマホの内部ストレージやSD(microSD)カードに保存してある画像をパソコンにコピーします。

画像のファイルがある場所は、windowsでしたらエクスプローラーで『PC』を選択、接続したスマホをクリックすると表示される『DCIM』フォルダです。フォルダを開いて保存する写真を選択しましょう。

Macの場合は、iPhoneを接続しただけでアプリが起動し、画像を保存できます。

パソコンにコピーした後は、スマホから画像ファイルを削除すればスマホ内部ストレージの容量を増やせます

2. USBメモリに保存する

USBメモリの場合は、パソコンやWi-Fi環境がなくても保存できますので、旅行先などで家族や友人と共有する時にも便利な方法です。

パソコン用コネクタしかないUSBメモリはスマホに接続することはできないので、自分が持っているスマホに対応しているUSBメモリを用意してください

Androidスマホならmicro-BかUSBType-C端子のある物、iPhoneなら「Lightning」端子のあるものになります。パソコン用端子とAndroidスマホ用端子が両方ついているものや、それに加えてiPhone用端子も付いているタイプのUSBメモリが便利です。

3.クラウド保存

【Androidスマホの場合】

Androidスマホを使用している方ならGoogleアカウントがあるので、無料で使えるアプリ『Googleフォト』が簡単で便利です。もしスマホに入っていない場合はインストールしてください。

Googleフォトを起動したら、メニューから設定を開き、『バックアップと同期』をオンにします。

『バックアップと同期』画面が出たら、『アップロードサイズ』で画像のサイズを高画質か元のサイズかを選択します。

高画質の場合は容量に制限がなく無料ですが、自動的に圧縮されてしまいます。写真プリントする予定がある場合は、画質の低下が気になることもありますので、注意してくださいね。

元のサイズの場合は容量を消費してしまうため、限度を超えてしまうと有料で容量を増やさなければなりません。

画像のバックアップが終了したら、スマホの写真は削除しておくと空き容量が増えます。メニューバーの『空き容量を増やす』から削除できます。

【iPhone】

iPhoneでしたら、Appleの『iCloud』が便利です。

設定からユーザーをタップし、『iCloud』の『写真』画面で『マイフォトストリーム』をオンにすれば、クラウドに保存されます。

その他にも、クラウド保存するアプリには、写真以外にPDFやOfficeファイルなども保存できて、スマホ写真は自動アップロードできる『Dropbox』、写真以外のファイルも保存できる『OneDrive』、アマゾンのアマゾンプライム会員は利用できる『プライムフォト』などがあります。

おすすめの方法は『クラウド保存』

おすすめの方法は『クラウド保存』

バックアップの方法はいろいろありますが、おすすめなのはクラウド保存です。

パソコンに保存するにはそのたびにパソコンと接続する手間がちょっと面倒ですし、USBメモリはコンパクトで手軽にバックアップをとれますが、USBメモリが破損して画像が消えてしまう恐れもあります。

クラウド保存のメリットの一つは、スマホの操作だけで簡単にバックアップできること。そのたびにパソコンに接続したり、USBメモリなどを用意する必要がありません。

また、家族や友人などと共有する時にも便利ですし、画像がたくさんあると自分でやるのが億劫になって放置しがちな画像の整理も、アプリが自動でやってくれます。

注意点としては、画像データは大きいので通信料がかかってしまうことで、回線はWi-Fi利用をおすすめします。有料Wi-Fiスポットは利用料が発生してしまうので、注意してくださいね。

また、パスワードなどのセキュリティ対策を疎かにすると、不正アクセスで画像が拡散されてしまうなどの危険がありますから注意が必要です。

おわりに

動作が重かったスマホが、バックアップをとってスマホ内を軽くすることで、サクサク動くようになることもあります。

また、うっかり削除してしまった画像データは復元ができないこともあるので、バックアップをとっておくことをおすすめします。