生活

火力発電の割合や全国の発電所について!発電の仕組みやメリットなどもご紹介!

火力発電の割合や全国の発電所について!発電の仕組みやメリットなどもご紹介!

電子力発電、水力発電、そして火力発電とある中で。火力発電とは、LNGなどの燃料を燃やして作られる熱エネルギーを使用します。

それを発電設備でさらに電気エネルギーに変えて取り出されているものです。この火力発電とは日本で使われる電気の8割以上に使用されています。皆さんはご存知でしたか。

今回は日本の主要な電力の一つの火力発電は、どうやって作らてていくのか、そしてどれくらい火力発電所が 存在するのかについてもお話していきます。また火力発電のエネルギー資源はどんなものを使っているのかもお教えします。

火力発電とは

火力発電は、いくつかの燃料を使って電気を作っています。まず石油、石炭、天然ガスなどの種類が燃料になっています。

それでも石炭や石油のまた天然ガスの資源には限りがあります。資源力の少ない日本では、外国からの輸入に頼りざるえません。ですから発電用燃料を様々に組み合わせて日本は、火力発電を今でも動かしています。

火力発電とは、どうしても排気ガスを出してしまいます。それには、設備 ・燃料・運用の対策を考えてなくてはなりません。硫黄酸化物・それには・窒素酸化物・ばいじんなどの排出量の低減しています。これでCO2排出量の抑制を考えています。



火力発電の割合

火力発電の割合

発電の主要電源は、1965年頃までは水力にありました。そして1973年の第一次オイルショックまでは石油でしたが、その後は石油に変わって石炭とLNG使う火力発電になります。

その後を原子力発電が担っていましたが、2011年の東日本大震災以降は、原子力発電のほぼ割合がゼロにまで減ってしました。その減少分の大半をLNGがカバーしていました。

2016年時点の割合は、大きなものはLNG(天然ガス)で42.1%、その他、石炭と石油を合わせた火力発電が83.8%を占めているのです。

火力発電所はどこにある?

火力発電所はどこにある?

火力発電所は、日本のいたるところに建てられています。電力会社や桔梗が持っている箇所や小さな場所を含めると、2000箇所以上が存在します。

日本最大の火力発電所は、茨城県にある鹿島火力発電所です。既存の発電設備と合わせると供給力は565万kWになると言われています。千葉県にあった富津火力発電所抜きました。

これからは日本で最大の規模になるでしょう。2012年に稼働したガス火力発電設備がコンバインドサイクル方式へと変更されて発電効率を1.5倍以上に高められるようになりました。これで原子力発電所などが再稼働が無くなっても電力の供給力の不安はなくなるでしょう。

試運転中の3基を含めて2014年5月から7月にかけて営業運転へ移行しています。この3基の発電能力を合わせると、供給力は124万8000kWにもなります。既存の石油火力と合わせて564万8000kWの供給力が発揮されることになるでしょう。

<スポンサーリンク>

電力会社所有の箇所
  • 北海道電力が12箇所
  • 東北電力が12箇所
  • 東京電力が25箇所
  • 中部電力が12箇所
  • 北陸電力が6箇所
  • 関西電力が12箇所
  • 中国電力が12箇所
  • 四国電力が4箇所
  • 九州電力が43箇所
  • 沖縄電力が18箇所

この箇所で内稼働しているのは8割くらいになります。

火力発電の仕組み

火力発電は燃料を燃やした熱で水を沸かします。そして蒸気の力でタービンが回転します蒸気の力が電気を作っています。

また原子力発電とは、ウランと原子核を核分裂させてることで熱エネルギーを増やしています。そのエネルギーが水を沸かし蒸気の力で蒸気タービンを回転させて電力を起こして作られています。

この二つの最大の違いとは、火力発電とは電力を作るためには燃料が必要になりますが原子力発電は、ウラン原子が核分裂作用起こして核分裂連鎖作用を繰返し起こすことで熱エネルギーを作ることができます。その力で必要な蒸気を作ることができます。



おわりに

今回は、火力発電の仕組みや割合についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

日本にとってなくてはならない火力発電。その他のクリーンエネルギーを利用できるようになると良いですね。