生活

冷蔵庫の選び方!◯人家族に必要なサイズは?

冷蔵庫の選び方!◯人家族に必要なサイズは?

大型家電の中でも特に冷蔵庫選びに苦労してる人も多いです。なぜなら、それぞれ住んでいる人数によって必要な大きさが違うからです。

だからと言って、目安を知らないと困っってしまいますよね。

そこで今回は、冷蔵庫の選び方について、詳しく解説していきます。

冷蔵庫の適切な容量サイズについて

冷蔵庫選びというのは、例えばテレビや洗濯機と違って、デザインや価格だけで決めてしまっては必ずと言っていいほど失敗します。

大事はことは「容量サイズ」「ドア数」の目安を知ることです。この容量サイズ・ドア数は、家族人数で決められるので、それぞれお伝えしていきます。



容量サイズの目安・計算式

容量サイズの目安

家族人数で固定の数字が決められているというよりも、計算式が存在します。

家族人数×70L +170L=冷蔵庫容量の目安

1人増えるごとに70Lかけていくことがポイントで、さらに常備食や飲料などに余裕を持たせておくために170Lを加算させておけば、ある程度余裕のあるサイズとなります。

あくまで、これは目安でしかありませんが、大体これくらいあれば大丈夫というイメージに繋がります。

多くの人が冷蔵庫を購入する時に初めて購入する、という人なのでこうしたイメージをつけることができるだけでも購入の時に参考になりますよ!

ドア数の目安

冷蔵庫のドア数の目安

また、容量サイズもそうですが、ドア数もある程度目安になりますよ。なぜなら、ドア数と容量サイズは似たり寄ったりだからです。

1人暮らしであれば2ドアあれば十分で、200L前後の容量サイズです。これは、計算式で言っても240Lとなりそこまでの差は出ません。2人暮らしなら3ドア3人でなら6ドア程度あれば十分でしょう。それ以上の人数になるとドア数ではなく、計算式で把握する方がわかりやすいです。

計算式で割り出された容量サイズの冷蔵庫を家電屋で見に行った時に、どのように感じるかも個人差があります。

<スポンサーリンク>

冷蔵庫のサイズをチェックするときの注意点

冷蔵庫のサイズをチェックするときの注意点

冷蔵庫の容量サイズをチェックする時に必要なことは、自分のライフスタイルを見つめ直すことです。

例えば、1人で暮らしていたとしても、よく料理をする人であればその分食材を入れる容量が必要になりますし、作り置きをしてお弁当に役立たせたいという人も容量を増やす必要があります。

一方で、3人暮らし以上だったとしても、外食が多いとか子育て世代ではなく、そんなに食材や飲料の備蓄を必要としていないという家庭もあります。その場合は、容量サイズを1サイズ小さくしてもいいかもしれません。

このように容量サイズは冷蔵庫選びの基本であり、最も重要なポイントだと言えます。また、この時にきちんとライフスタイルを把握しておかないと、選び方を失敗してしまうので、注意が必要です。

キッチンスペースを確認

キッチンスペースを確認

冷蔵庫のサイズ感覚がわかったところで、次に考えなくてはいけないのは置き場所です。
冷蔵庫を置くのは、基本的にキッチンスペースとなるので、自分が住んでいる家のキッチンスペースを確認しましょう。

家によっては、冷蔵庫を置くようにスペースが確保されているキッチンもあります。その場合は、冷蔵庫スペースサイズのものを選ぶと良いです。

そうしたスペースが決められていない場合は、置きたい場所のサイズと、余白を考えます。余白、というのは「放熱スペース」のことで、この余白がなければ放熱がきちんと行われずに冷蔵庫としての機能を果たしません。

放熱スペースの目安は、左右で大体5mm以上、上部が50mm以上必要になります。この部分をよく考慮して選ばなくては、ぴったりサイズの冷蔵庫を購入してしまって失敗した!なんてことにもなってしまいます。



その他冷蔵庫選びのポイント

その他冷蔵庫選びのポイント

容量サイズやキッチンスペースなどは、冷蔵庫選びの基本ですが、その他にもポイントはあります。

まず、大事はことはドアが何開きなのかということです。キッチンの間取りによっては壁にぶつかって開かないということもあり得るので、注意が必要です。

また、最もよく利用する人の身長もポイントで、最上段の部分を手にするのが容易かどうかも考慮しましょう。冷蔵庫の物が取りにくいと使いにくいと感じてしまうので、探している時にきちんと確認してください。

それ以外にも、メーカーによって機能や特徴が違うので、自分はどのような使い方をしたいのか、冷蔵庫に何を期待しているのかをしっかりと把握しておくようにしてください!