パソコン・スマホ

スマホ画像をSDカードに保存する方法

スマホ画像をSDカードに保存する方法

ダウンロードしたアプリや音楽、撮った写真や動画などで、いつの間にか内部ストレージの空き容量が少なくなってしまった経験はありませんか。

スマホの動きが遅くなったり、再起動を繰り返したりなどの不具合が起こることもあります。

そうなる前に、溜まってしまったスマホの写真などの画像をSDカードに移して、空き容量を増やしてみてはいかがですか。

Androidの場合にはmicroSDに対応しているスマホも多いので、スマホ操作だけで簡単にmicroSDに移動できます。

最近はSDカードに対応しないスマホもありますし、iPhoneはSDカードに対応していません。そこで、パソコンを経由してSDカードに保存する方法をご紹介します

パソコンへの移し方

パソコンへの移し方

スマホの画像をSDカードに保存するために、まずスマホからパソコンに移しますが、その方法には、USBケーブルを使う方法とアプリを使って転送する方法があります。

【USBケーブルを使う方法】

スマホとパソコンをUSBケーブルでつないでファイルを移動するだけですので、手軽にできます

まず、スマホを外付けハードディスクなどと同様にUSBケーブルでパソコンに接続します。パソコンがスマホを認識すると、接続したスマホに対して行う操作を選ぶよう表示がでます。

クリックすると、USB接続の用途がいくつか表示されますので、その中から「ファイルを表示する」を選択します。スマホの「SDカード」「内部ストレージ」が表示されますので、「内部ストレージ」をクリックしてください。

SDカードに保存したい画像を選択します。

画像が保存されているフォルダは機種によって名称が異なりますが、例えばスマホカメラで撮った写真や動画は内部ストレージの「DCIM」や「Camera」など、ダウンロードした画像は「Download」、スクリーンショットなら「Pictures」の「Screenshots」などです。

写真を選択して右クリックし、「切り取り」を選択します。

パソコンに移した写真を保存するフォルダを作成し、右クリックで「貼り付け」を選択すれば、パソコンに画像が移動します。

もし、パソコンにスマホを接続しても、パソコン画面のスマホフォルダに何も表示されない場合は、スマホを操作します。

スマホ画面にUSBの用途が表示されるので「ファイルを転送する」を選択すると、パソコンのスマホフォルダにSDカードと内部ストレージが表示されます。

【アプリを使う方法】

「ApowerManager」や、ケーブルを使わずにWi-Fiなどで転送できてiPhoneにも対応している「AirMore」などのアプリをインストールし、アプリを使ってパソコンに転送する方法もあります。

SDカードへの保存方法

SDカードへの保存方法

パソコンのSDカードスロットにSDカードを入れます。または、マルチメディアカードリーダーをパソコンに接続して使用する方法もあります。

リムーバルドライブに対して行う操作を選ぶよう表示があるのでクリックし、「何もしない」を選択します。

SDカードに保存する写真が入っているフォルダを開いて、画像ファイルを選択します。

右クリックして「送る」を選択、移動先はSDcardを選択するとコピーが開始し、画像がSDカードに転送されます。

ポイントや注意点

ポイントや注意点

SDカードに保存する時にエラーが出る場合があります。

原因はいくつか考えられますが、エラーを防ぐためにまずはSDカードをフォーマットしておきましょう。その際、保存しているデータがある場合には消去されるので注意してください。

SDカードの耐用年数が過ぎて破損してしまう場合があります。5年から10年とされている使用年数ですが、それほど持たない場合も多いので、長期保存したい画像は別の記録方法をとった方が良いでしょう

SDカードを取り外す際は、SDカードのファイルを閉じ、「ハードウェアの取り外し」を設置確認してからSDカードを取り出してくださいね。

おわりに

スマホ画像をパソコンに移す方法を知っていると、スマホ写真をパソコンで使うときにも便利ですね。

スマホが重くなる前に、溜まった画像をSDカードに保存するなどして、スマホに余裕を作っておきましょう。