パソコン・スマホ

スマホ画像のぼかし加工・編集方法

スマホ画像のぼかし加工・編集方法

スマホやデジカメで撮った写真をインスタグラム、フェイスブックなどSNSにアップロードして悦に入ることができる社会です。一眼レフなどの上位機種では画像の編集も簡単に出来たりしますが、スマホではチョットと思うところもあります。

しかし、スマホでもいとも簡単に背景や顔などをぼかしてアップできたら驚きですよね。

それを代表するような、ぼかし機能のある画像編集ソフトで簡単に操作できる方法をこれからご紹介します。

おすすめアプリとぼかし加工する方法

おすすめアプリとぼかし加工する方法

スマホなどで撮った写真に「ぼかしやモザイクを施す」ために必要なおすすめアプリのビッグスリー(それぞれ無料)とその方法につきましてお話いたします。

①Fotor画像加工、写真編集&コラージュアプリ

このアプリの特徴は、「ワンタッチで補正ができ、被写体を美しく見せるカメラアプリです。賞金付きのコンテストの実施で集客度が高い」ことにあります。さらに付け加えますと、写真撮影から編集までトータル的にサポートがなされるカメラアプリです。

このアプリは豊富なテンプレートが揃っていますので色合いにもこだわりが持てます。アプリ内のストアで文字のフォントやエフェクト効果なども追加できます。有料でのアプリもあり楽しさを引き立ててくれます。

②Point Blur(ポイント ぼかし)

このアプリの特徴は、「部分的なぼかしもでき、言わばぼかしに特化したアプリ」になります。

ぼかし加工に特化したアプリならではの効果もあります。それは、部分的なぼかしや顔出しができない友人のところだけ見えなくする加工が簡単に出来てしまう優れものです。

キャチ的に言いますと「見せるところは堂々と見せて、見せないところは見せない。なぞったところだけぼかしが入る」となります。また、このぼかしのみではなく三角形やタイル型のモザイクも入れられてしまいます。

まさにSNS拡散の予防策やプライバシー保護にもおしゃれ感覚で楽しむことができます

③ぼけエフェクト(背景ぼかし)

このアプリの特徴は、「クローズアップしたい画像をタップして、シャッターを切るだけ」で縦横無尽のぼかし効果を作ることができてしまうことにあります。
背景をぼかすことにより、メリハリがつき仕上がりが良くなる典型的なアプリです。

被写体の協調したい部分を選びシャッターを切ります。アプリでの優れた点は簡単に背景をぼかした写真が撮れることにあります。さらにこのアプリの優越性は、「ぼかしの種類」を選ぶことができることにあります。全体部分をにじませ、縦横にぼかしを引き伸ばすこともできてしまいます。

LINEでぼかし加工する方法

LINEでぼかし加工する方法

LINEで撮った写真にぼかしを入れたり、モザイクをかけたりする手法になります。バージョンのアップ以前から写真の加工は問題なくできていましたが、ぼかしとモザイクの機能が付加されより充実化が図られました。その進化は素晴らしく「スライドショーやメッセージのピン留め機能」も登場してより楽しみに華を添えています。

では以下は、ぼかしやモザイクに加工する方法の説明になります。

 

  1. トークルームを開く
  2. スマホ画面左下(これから撮影する写真加工の場合はカメラアイコン、保存写真を加工する場合にはアルバムアイコンをタップします。)
  3. 保存写真の場合はタップして画像選択します
  4. 写真が大きく現われます(加工の場合は下ほどにあるペンアイコンをタップします。)
  5. 加工モードになります(下部にあるアイコンボタンにモザイクやぼかし加工の絵が表示されます。)
  6. 加工を施したい場所に塗れば完成です
  7. トークに送信しスマホに保存することができます。

このようにチョット見せたくない場所や物がある場合には、LINEでぼかし加工やモザイクをすれば有効的な利用ができます。

おわりに

以上のようにLINE カメラの使い方(ぼかし加工、モザイク加工など)、その方法を見てまいりました。

これらのアプリは撮影時に加工し、撮影後に保存しコラージュなどの加工を通して面白さを倍増させてくれる代物です。

初めは誰も素人です。失敗を重ねながら編集加工をしますと意外にハマってしまうアプリになります。