趣味

サントリーホールのアクセスや座席表について

サントリーホールのアクセスや座席表について

都内赤坂にある、サントリーホールは、1986年10月開館されました。このホールは、森ビルが所有しています。運営はサントリー芸術財団になります。

素晴らしい舞台装置や照明のこのホールで聴くクラッシックコンサートは、日本最高とも言われています。大ホールは、舞台を客席で囲む形式のアリーナ型コンサートホールです。

今回は、そんなサントリーホールのアクセス座席表について、ご紹介していきたいと思います。

大ホールと小ホール

サントリー大ホールとは

サントリー大ホールとは

クラッシックコンサート専用設計になっています。大ホールは、舞台の後方にも客席が配置されている、ヴィンヤード型コンサートホールと呼ばれています。

クラッシックコンサートを聴くには、最高とも言われいます。壁面の内装の材料にはウイスキーの貯蔵樽に使われるホワイトオーク素材が利用されています。

床、また客席の椅子背板には 樽のオーク素材が使われいます。 サントリーホールは世界一美しい音を目指して創られました。

  • 全席:2006席
  • 1階:858席
  • 2階:1148席



ブルーローズ(小ホール)

ブルーローズ(小ホール)

美しい音の響きと、臨場感を感じられる小ホールもあります。

演奏を隣で聞いている様な感覚になれる、ブルーローズとは、サントリーのバイオ技術により2004年に作られた新品種の「青いバラ」の名前が由来になっています。

サントリーホールのアクセス

東京メトロ銀座線・南北線を利用

サントリーホールへの便利なアクセスは・東京メトロ銀座線・南北線で溜池山王駅、または・東京メトロ南北線で六本木一丁目駅で降りると便利です。

バスなどを使いたい場合は・都営01系の渋谷から新橋行きをご利用ください。赤坂アークヒルズ前でお降りください。

車の場合

池袋・新宿・渋谷方面からは首都高速の「霞ヶ関」から溜池へ六本木交差点方向へ直進

羽田・上野方面からは、首都高速で「板倉」から溜池交差点方面へ直進

駐車場

サントリーホールでは、専用の駐車場はありません。有料駐車場になりますが、隣接しているアーク森ビルか、インターコンチネンタル東京の駐車場がおすすめです。

※インターコンチネンタル東京の駐車場には車椅子専用のスペースが用意されています。

アーク森ビル駐車場料金
全日 ¥200/15分 1日料金¥3000/12時間毎

インターコンチネタル東京駐車場料金
10分/200円(最大4000円/日)

<スポンサーリンク>

サントリーホールのスケジュールはここでチェック

サントリーホール公式HPで、公園スケージュールを探すことができます 。一番上のタクスから公演情報を選んでください。すべての公演・サントリーホール主催公演・サントリーメンバーズクラブ公演など探したい所をクリックしてください。公演・演奏者・曲名を入力するとすぐに検索することあできます。

メンバース会員などは、先行予約も販売されています。登録しておくと、先々の公演を探すのも簡単です。

※サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB会員は、利用登録が無料になります。

サントリーリホール公開スケジュール

WEB会員公演スケージュール検索

サントリーホールの座席表はここでチェック

大ホールの座席表

大ホールの座席表

大ホールの座席作りは、共鳴する箱のように、緻密な設計になっています。各隅々まで美しく楽器を共鳴させてくれる大ホールになります。

お客様の座る席をヴィンヤード形式に 床や壁また天井に至るまでの形状や材質が選ばれた形成がされています。

サントリー大ホールは、全2006席です(車椅子スペース6席)。最大14席のユニバーサルデザイン対応席の用意があります。

サントリーホール大ホール座席表



ブルーローズ(小ホール)

ブルーローズ(小ホール)

大ホールと同じようにふんだんに木が使われているブルーローズは、自由な演奏空間として使用されている小ホールです。

座席は、ステージの近くに並べらてる赤い椅子が、横長のステージを取り囲む様に席が配置されています。素敵な空間です。

  • A型:384席
  • B型:432席

※ステージの設定が横配置縦配置により定員人数が変わります。可動式の席なので車椅子にも対応可能です。

サントリーブルーローズ(小ホール)座席表

おわりに

今回は、サントリーホールのアクセスや座席表についてお話ししてきましたが、いかがでしたか?

どちらのホールも豪華で、音の響きも綺麗ですので、ぜひサントリーホールの演奏会などを体験してみてくださいね。