冠婚葬祭・マナー

定年退職の際のスピーチ・挨拶状の例文

定年退職の際のスピーチ・挨拶状の例文

無事定年までのお勤め、お疲れさまでした。

ですが、定年退職の際のスピーチや挨拶状を考える際に、どのようなことを話せばいいのかと迷ってしまいますよね。

今回は、そんな定年退職のスピーチ・挨拶状の例文をご紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

定年退職の挨拶のポイント

定年退職の挨拶のポイント

定年退職の挨拶をする場合は定時の前にスピーチの時間を設けてくれる場合があります。話があまり長くならないようにあらかじめスピーチ文を考えておいたほうが話やすいです。

少人数の職場では毎日顔を合わせていたのですからあまり堅苦しい挨拶よりも職場の雰囲気にあったスピーチの方がいいでしょう。

スピーチのポイントは集まってくれた人へのお礼や定年退職の報告、在職中の感謝の気持ちや職場のこれからの応援のコメントなど大体60秒くらいにまとめると聞きやすいです。



定年挨拶のスピーチ例

スピーチ例①

多忙な時間にあるのにも関わらず貴重なお時間を頂きありがとうございます。私事で大変恐縮ではございますが本日を持ちまして定年退職することになりました。

入社してからたくさんの事を学び様々な経験を積みながらここまでやってくることができました。

これも一重に皆様の支えがあったからこそだと思っています。私は皆様のこれからの一層のご活躍を期待しております。

今まで本当にありがとうございました。

スピーチ例②

私は本日付けで無事に定年の日を迎えることができました。

これも社長をはじめ職場の全ての社員の方々のお陰と心から感謝致します。
長い間職責を果たすことができたのも皆様のご指導ご支援の賜物と存じております。

楽しかった時辛かった時など様々な思い出が頭に浮かびますが一番の思い出はお互いに励ましあった皆様の笑顔です。

皆様には心からお礼を申し上げる次第でございます。

どうか皆様健康に留意され社業の更なる発展を祈念申し上げあげます。

これをもちまして簡単で恐縮ではございますが感謝のご挨拶とさせて頂きます。

長い間ありがとうございました。

スピーチ例③

この度私は○月○日をもって定年退職致しました。

長い間公私にわたり大変お世話になりました。

今まで勤めてこられたのも皆様の温かいご指導ご鞭撻のおかげであり充実した
生活を送る事ができました。

今後はしばらく休養しその間に第二の人生について考えていきたいと思っています。

どうか皆様お元気でこれからもさらにご活躍して下さい。
ありがとうございました。

<スポンサーリンク>

定年退職の挨拶状のポイント

定年退職の挨拶状のポイント

挨拶状を出すタイミングは退職してから1ケ月後くらいまでが望ましいといわれています。挨拶状は印刷して出す人が多いと思いますが長年お世話になった人には一言感謝のメッセージを添えるとよりよいでしょう。

もともと挨拶状は郵送で送付するのが一般的ですが最近ではメールで挨拶文を送付する人も増えています。



定年退職の挨拶状の文例3つ

挨拶状の文例①

拝啓○○の候皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

私事ではございますがこの度○月○日付けをもちまして○○を定年退職致しました。

今まで格別のご厚情賜り無事長年にわたり勤めさせて頂きましたことを心より感謝致します。

これからも変わらぬご厚意を賜りますことをお願い申し上げます。
皆様のご健勝をお祈り申しあげまずは簡単ですが書中をもってお礼方々ご挨拶申しあげます。敬具

挨拶状の文例②

○○の季節になりました。皆様にはますますご健勝のこととお慶び申しあげます。

私儀この度○○を定年退職いたしました。

入社以来皆様の格別のご厚誼を賜り心から感謝致します。

〇〇年の間大過なく勤める事ができたのも皆様のおかげでございます。

これからは趣味を楽しみゆとりのある生活を送りたいと思っています。

これからも今までと変わらぬご厚情を賜りますことをお願い申しあげます。

略儀ではございますが退職のご挨拶とさせて頂きます。

謹啓 〇〇の候ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

挨拶状の文例③

このたび〇月〇日をもちまして〇〇を退職いたしました。
○年の入社から皆様方の温かいご支援を頂きながらできる限りの努力をさせて頂きました。

在職中は格別のご厚情を賜り無事職務を全うしたことを厚く御礼申し上げます。

これからも変わらぬご指導ご鞭撻のほど賜りたくお願い申し上げます。
書中をもって御礼のご挨拶申し上げます。謹白

おわりに

今回は、定年退職のスピーチ・挨拶状の例文をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

今回ご紹介した例を参考に、ご自身が会社員生活での経験談も交えて話すと、より一層良いのではないかと思います。

ご参考になれば幸いです。